ワーキングホリデー

WORKING HOLIDAY

ワーキングホリデーライフを充実させるためには?

ワーキングホリデーは私たちに挑戦するチャンスを与えてくれます。 英語も勉強したい、現地の人とも交流したいという人の夢を叶えてくれます。 しかしいざ、行くと決断をすると「海外で一人で生活できるかな」と不安になる人も多いのではないでしょうか? そんな方に、オススメなのは初めに語学学校に通うことです。語学学校の先生たちは英語はもちろん、現地で生活するうえで為になる情報を沢山教えてくれます。また、世界各地からの留学生と友達になれたことで、今でもお互いの国を行き来しています。そんな友達が将来ビジネスパートナーになることだって十分にあり得ます。語学も異文化コミュニケーションも学べる語学学校の生活は間違いなしです! そんな素晴らしいスタートを切ることで、ワーキングホリデーライフがさらに充実することでしょう。海外で暮らしてみたい、海外で自分の力を試してみたい、英語をとことん学びたい、とにかく刺激がほしい、そんな人は是非挑戦してみてください。ワーキングホリデーの期間は自分次第でどんな1年にもできます。人生にとって本当に価値のある一年となること間違いなしです!

まずは語学力がないとね!

『一年行けば、ペラペラになれますよね?』 いいえ。努力しなければなれません。大都市に行けば、語学力がなくても、日本人社会があるので暮らすことはできますが、周りは日本人の友達ばかりという環境で、全く英語を使わないことになります。果たして、それで良いのでしょうか? せっかく海外で見聞を広めたり、他国籍の友達を作れる環境に行くのですから、まずは基礎的な語学力をつけることが必要です。そのためにもまず語学学校で学ぶことを強くお勧めします。

「目標」と「テーマ」を決めよう!

なぜワーキングホリデーをするのか? わざわざ海外に行って、なにがしたいのか? これを真剣に考えるのは大事なこと。目標が無く怠惰に過ごすと、一年間はすぐに過ぎ去ります。そうならないためにも、必ず自分の中で、目標とテーマを決めましょう!「色々な国の友達を作る」、「英語を話せるようになる」、「自分が行く国の文化を学ぶ」、「海外で働いてみる」等。なんでもいいのです。その目標に向かって努力する事が、「ワーホ成功」への近道なのです。

「サポートプラン」って必要?

ワーキングホリデーのサポートプラン… 生活情報、銀行開設、荷物無料預かり、仕事の見つけ方等々。これって本当に必要?JSTでは最初に語学研修をすることを勧めています。上記のような事は、ほとんど学校で教えてもらえます。学校にはあなたより前に日本から来ている先輩もいますので、情報収集にもさほど困りません。サポートプランにお金を費やすのでしたら、そのお金を現地で色々な体験をする為に使う方が絶対に有意義です。無駄なお金を使わずに、賢いワーキングホリデーを楽しみましょう。